お墓の『おそうじ代行』は如何でしょう。

 残暑厳しい毎日ですが、皆様如何お過ごしでしょう?

間も無くお盆休みも終わりを迎えようとしていますが、お墓参り行かれましたか?

おそうじ本舗新井薬師店では遠距離の方、ご高齢で行き来が困難といった様々な理由で「おそうじ」が出来ない皆様に『おそうじ代行』を承っております。

私たちが行う「おそうじ」は墓石磨きではなく、墓所の草取り、掃きそうじ等々です。キレイにした後は、お花を供えてお参りも行います。その後、キレイになったお墓の写真をお客様にお届けします。リクエストにより私服での作業も致します。(業者依頼していると思われたくない方もいらっしゃいます。)

お盆(東京盆は7月ですが)に行きそびれた方、秋の彼岸入り(9/20)にはご依頼ください。

心を込めておそうじをさせて頂きます。ご連絡、お待ち申し上げます。


閑話

城西地区にお寺が多い理由、ご存じですか?

中野区は、明治時代からあった24寺に、25寺が上高田・沼袋・江古田地区に移転。杉並区では、高円寺南・梅里1~2丁目に24寺。世田谷区の北烏山4~5丁目には26寺が移転したそうです。

とっても多いですよね!エリアを良く知らない頃はとってもびっくりでした。
この様にお寺が集中したのは明治時代の「東京市区改正条例」と「関東大震災」で都心部から郊外へ移転させられたからだそうです。へーっ、ですね(◎_◎)

お問い合わせはこちら