エアコンの完全分解洗浄

夏真っ盛りの今日この頃・・・あらゆる場所でエアコンがフル稼働してますね。
先日入ったワンタン麵のお店が凍えるくらい寒くて冷やしを頼みたい気持ちがすごい勢いでしぼんでいきました(;^ω^)

さて、エアコンのクリーニングをすでに済ませた方もいらっしゃると思いますが。
現在検討中の方や、気になってはいるけどどこの業者に頼めばいいのかよくわからなくて止まってる方もいるのではないでしょうか。

やけにお安いお値段の業者さんもいるけどどうなの・・・?
何が違うの?

・・・と。
それはだいたい作業範囲の違いと言っていいでしょう。

エアコンクリーニングの価格はほとんどがスタッフの作業費です。
作業費は作業時間に比例します。
表面的な部分しか洗浄しないのであれば短時間で終わるので当然価格が安くなります。
奥の方までやればそれだけ技術と時間を要するためどうしても価格が上がります。

では何がどう具体的に違うのか。

おそうじ本舗のメニューを例にあげていきましょう(壁掛けタイプの例です)。

★ハイクオリティクリーニングの作業範囲(通常のクリーニング)
 エアコン本体/アルミフィン/送風ファン/外装パネル/フィルター

完全分解洗浄の作業範囲(プレミアムクリーニング)
 エアコン本体/アルミフィン/送風ファン/外装パネル/フィルター/ドレンパン分解洗浄/送風ファンの奥の洗浄

ズバリ、追加されるのは「ドレンパン」と「送風ファンの奥」。

ドレンパンとは何でしょう?

ドレンパンはエアコン内部の結露水を受け止める皿です。

エアコンは冷房時と除湿時に内部がかなり湿ります。

湿気は水滴となります。その水滴を受け止めるのがドレンパンです。

ドレンパンがなければエアコンからこの水滴がぽたぽたと漏れ出てくることになります。

そんな大事なドレンパンですが、外すには技術が必要です。

どんな業者さんでも頼めばやってくれるわけではないのです。外す技術のない業者さんも多数おります。

そしてドレンパンは外さずにキレイにすることは難しいのです。

ドレンパンの洗浄まで希望する場合は事前に業者さんに確認することをお勧めします(もちろんおそうじ本舗なら確認不要です)。


それでは画像とともに見ていきたいと思います。
IMG_0494
こちらのエアコンの場合です。
SHARP セパレート型ルームエアコン。
形名は AY-F28S-W
IMG_0483
送風ファンが見えている状態です。
IMG_0484-e1657519866456
取り外した送風ファン。
IMG_0490
すっきりキレイに
IMG_0488-e1657519902118
こちらが件のドレンパンです。結露を受け止めるだけあってカビが発生しやすい部品です。
IMG_0489
ここまでキレイにすることができます
IMG_0485-e1657527814700
取り外した後のエアコン。これで奥までキレイにできます。
IMG_0493
                       これが内部の汚れです
エアコンを購入して間もない方や使用頻度が低い方はそんな奥の奥までやらなくても通常のハイクオリティクリーニングで十分ですが、ずっとクリーニングしていない方やにおいが気になっている方などは一度奥の奥までキレイにするおそうじ本舗の「完全分解洗浄」プレミアムクリーニングをおススメします!

ちなみに

室外機も・・・

一緒に洗浄すると冷房効率がグッと上がるのでこちらもおススメしておきます。

IMG_0492
IMG_0491
IMG_0487
                        取り外したファン↑
一台5000円で承っております

ご検討ください
お問い合わせはこちら